総量規制について

年収の3分の1を限度にする融資枠のこと

総量規制は、借入の総額が、年収の3分の1以上にならないようにするルールです。
これはどこにも書いてあることなのですが、では実際にどういう事なのかを詳しく説明してみます。

 

具体的にはどういうことか?

多重債務で、破産する人を防ぐために設立した法律です。
年収200万円だとすると、総量規制により融資枠は66万円まで借りる事が出来ます。

 

例えば、モビットで50万円借りていたとします。
他社で、借りたい場合、残り16万円借りる事ができます。

事業としての借入は対象外

ただし、総量規制にも対象外があります。事業としての借入は対象外になります。

 

つまり、個人としては、すでに総量規制一杯に借り入れをしていたとしても、事業用に借金をする分には、規制の対象外となるということです。

学生の場合でも

学生の場合でも、成人していてアルバイトなどで毎月一定の収入があれば審査を受ける事も出来ます。
ただし、借入額は、年収の10分の1までと規制している消費者金融会社もあります。